当時の歴史に触れてみる 開拓使麦酒の歴史

日本のビール産業発祥の地で見る貴重な資料や建物は、開拓使時代の歴史を今に伝えています。

日本のビール産業発祥の地

趣のあるレンガ造りの建物に思いを馳せる

 

「開拓使麦酒醸造所」開設当初の貴重な画像

 

「開拓使麦酒醸造所」開設当初の貴重な画像。日本におけるビール醸造の歴史とともに、北海道開拓の歴史の1ページを残している。

サッポロファクトリーのランドマークとなっている大きな煙突。これは、明治9年(1876年)に創業された日本初のビール工場サッポロビールの前身である「開拓使麦酒醸造所」跡地の名残です。また、不思議と懐かしい感覚さえ覚える温かみのあるレンガの建物は、なんと明治時代に建てられた醸造所そのままの姿。歴史的な趣を残しつつ、現在もサッポロファクトリーのレンガ館として活用されています。その風合いは、緑に囲まれた札幌の街にとてもよく馴染むものです。

 

醸造所の歴史をたどる

日本に広まったビールの原点がここに

 

創業当時を思い起こさせるドイツ製のケッセル(煮沸釜)

 

創業当時を思い起こさせるドイツ製の仕込設備。開拓使麦酒醸造所の醸造人、中川清兵衛は明治6年から8年までベルリンビール醸造会社で学んだ。

ヨーロッパから日本に醸造技術を持ち込み、稼働させるためには大変な紆余曲折がありました。現在、レンガ館の一部は「札幌開拓使麦酒醸造所」として見学館が併設され、当時の様子を垣間見ることができます。赤い北極星の看板が掛かった入口を目印に中に入ると、まず目に入るのが銅製の大きな仕込設備。続いて、札幌の地にビールが入ってきた歴史や、醸造工程を学んだ資料などが展示されています。また歴代のラベルなどを目にすることもでき、現在の多種多様なビールの原点に触れることができます。

 

当時の味を再現した「開拓使麦酒」

一世紀以上の時代を超えて今よみがえる歴史の味

もちろんファクトリー館内でもこのビールを味わうことができます。130年以上にわたる歴史を持つ由緒ある土地。驚くことに、見学館で目にした仕込設備は現在も稼働しており、クラフトビールの生産に使われています。中でも「開拓使麦酒」(ピルスナー)は、創業当時のレシピを再現したもの。原材料はもちろん麦芽100%。麦汁を造る仕込から発酵、熟成、ろ過そして樽や瓶への詰め作業と、すべての工程がここで行われます。かつての試行錯誤を振り返りながら味わうビールは、感慨深さも加わって味わいをさらに引き立てることでしょう。現在、私たちが口にするおいしいビールは、長年の経験と受け継がれ改良されてきた技術の賜物なのです。